家電リサイクル法と回収

不用品が出てしまい、粗大ごみとして回収をしてもらいたいという方も多いようである。
様々な品目を自治体・民間業者とも回収可能ではあるが、不可というものもあるのだ。
その中の1つに「家電リサイクル法」で制定されたものがあるだ。
民間業者の場合は別途に支払うことで回収してもらえる場合もある。
では、そんな家電リサイクル法について少しふれて行きたいのである。

かかる金額

実際のリサイクル料金だが、テレビは5980円・冷蔵庫9090円(大きさによって変化する)からなどという金額は法律によって定められているのである。
これら詳細に関しては経済産業省などのホームページに記載されており、それに乗っ取った形での料金が徴収されるのである。

リサイクルとして回収して欲しいとき


まだ使える家電などはリサイクルをするという場合もあるのだ。
このような場合は「買い取り」というスタンスが導入されることも多いのである。
買い取り可能であれば、自己負担額も削ることができる・エコ活動に役立つという利点もあるので取り入れることも考える方も多いようである。

合わせて回収は可能

家電リサイクル法に指定されたものと他の不用品または産業廃棄物をとりあつかっていればそれらも含め一度に回収をしてくれるという業者も多いので、利用はしやすいのだ。
メーカー引取りや購入店回収などという方法もある家電リサイクル品目だが、このような業者に依頼をするというのもまた良い手段なのである。